魚心探訪。

知多半島の堤防釣り中心に日々の出来事などをのんびり綴ります。
0

チヌも夏休み?-南知多ダンゴ釣り-

2020.8.21(金)
中潮 20:54満潮 225cm

今回は釣活ブログをやられている釣友のトモヤさんとの釣行です。はたして前回散々だったダンゴチヌ釣りのリベンジはできるのか。

予定では13時すぎに現地集合でしたが、少しでも長く釣りしたいというどうしようもない欲望を抑えられず12時現地到着w。入りたいポイントには釣り人がいましたが、干潮ということでおかたづけ中。軽く挨拶をしてとりあえず釣り座を確保し単独準備です。

IMG_E6606_R.jpg
今回はマルキュー紀州マッハと波止ダンゴチヌ。いつもお昼前から夕方まで釣りすることが多いですが5Kgだと若干足りないのでおかわり用に波止ダンゴチヌを用意しました。紀州マッハはパッケージ裏に書いてある海水量でしっかり握りやすく安定してダンゴえさが仕上がります。釣りの途中でどうしても乾いてくるので、まとまりにくくなってきたら50cc程度海水を足すことでベストな状態になる気がします。あくまで僕が使ってみた感想ですけどね。

お昼ごはんを食べつつ準備をしているとトモヤさんが到着し、しばし棒ウキ・寝ウキ談義w。二人とも棒ウキを使った釣りが大好きなのですw。


IMG_6607_R.jpg
13時前実釣開始です!
まずはタナ取りですが、干潮時間ということで2ヒロ無いくらいですかね。全然浅いです。今回はなるべくダンゴえさの投入点がバラけないように注意して丁寧にポイントを作っていきます。

ダンゴが割れるとゆっくり右にウキが流れていき、ツンツンと突くアタリが頻繁にありますがフグもしくはアジですね。これはふかせ釣りと同じでチヌが寄るまではエサ取りとの格闘の時間です。


IMG_6608_R.jpg
勢いよく斜めにウキが消し込みやっぱりエサ取りの小アジでした。アジは刺身でも焼いても美味しいのでたくさん釣れるサビキ釣りもまたやりたいなぁ。さばくのが大変ですけどねw。

このあともエサ取りの猛攻は続き、フグ・アジが何匹か掛かりましたが、まだまだ潮が動くまで時間がかかりそうなので少し休憩してトモヤさんと雑談タイム。


IMG_6609_R.jpg
15時過ぎ、ようやく潮が動き始める時間になり再開!
とにかく暑いですw。

休憩で場を休ませたので底の様子がどうなっているのか気になりますが、再度同じポイントにダンゴを投入して魚を寄せていきます。

再開後、2投目くらいで怪しいアタリが!
道糸を引っ張られるような感じにアワセを入れ針掛かり!


IMG_E6613_R.jpg
竿にグッと重みがのったような感じがしたので良型来た!と思ったけど、すっと重みが抜け20cmくらいのチンタでした。
今回は結構いい感じにダンゴがポイントに集中して投入出来ているので、撒いていたダンゴえさが効いているようですが、もう一枚までが長い・・・。相変わらずサバ・アジっぽいアタリが邪魔をしてどんどんダンゴえさを消費・・・。

17時くらいにとうとう波止ダンゴチヌ3kgをおかわりw。これが「簡単に作れて握りやすい」というだけあって、めちゃめちゃまとまりがよく握りやすかった。握った感じは紀州マッハより重い感じがするんだけど比重はマッハのがあるみたい。水分量で重く感じるのかも。次回はこれ3袋とか2袋+オカラダンゴ、チヌパワーでもいいかもしれないなぁ。

急激に潮が満ちてきて頻繁にウキ止めを調整しながらダンゴを投入して30分。。。

IMG_E6614_R.jpg
ようやく二枚目。20cmちょいかな。少しサイズアップです。

IMG_E6615_R.jpg
続けてもう一枚。一枚目と同サイズくらいですかね。
しばらくねばってみたけど、このあとはチヌらしいアタリも無くなり18時半納竿です。

トモヤさん
釣果は渋かったですがお付き合いくださり有難うございました。

今回も練りエサとオキアミをローテしたんですが、練りエサへの反応はイマイチでしたね。海水温が上がりすぎて大型の喰い気が落ちているのか、このまま数釣りシーズン突入か。少し雨でも降れば状況変わるかなぁ。
次回はどうしようか・・・。

本日も海に感謝!
ではまた。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gyoshin555.blog.fc2.com/tb.php/170-fe1da558